〒858-0922 佐世保市鹿子前町104番地
電話:0956-28-1111(代)

医療法人 誠愛会 佐世保記念病院

看護部
 私達は、患者様・ご家族様の”人権””願い””らしさ”を最大限に尊重し、「その人らしい人生」の継続の支援に、ゆっくりと・じっくりと・しっかりと取り組み、その方の一瞬一瞬に寄り添ってまいります。
基本理念
ゆっくり : 穏やかに 安心して 楽しく

じっくり : 受容 理解 共感

しっかり : 安全 より健康 安楽に 専門性をもって

ケア方針
  1. どんな時も笑顔で心をかける
  2. 人権を重視し、いつでも「そのまま」を受け入れ共感する
  3. 患者様の意思・願い、ご家族様の願いを忘れない
  4. 一人ひとりの安全、安心、安楽が最優先
  5. 五感を生かし、心豊かな支援をする
教育理念
個人の責任としての継続教育による能力の維持・開発に努める
 看護者には、多様化する人々の健康上のニーズに対応していくために、高い教養とともに高度な専門的能力が要求されます。
 このような要求に応えるべく、計画的にたゆみなく、専門職業人として研さんに励み、能力の維持・開発に努めることは、看護者自らの責任、並びに責務であります。
教育目的
専門性に基づく看護の質向上を図る
教育目標
個人の責任として、継続学習による能力の維持・向上に努める
看護部委員会活動
教育委員会
 専門性に基づく看護の質向上を図り、個人の責任としての継続学習による能力の維持・開発に努めることができることを目標に、研修を企画・実施しております。
 新人教育においては、プリセプターシップを取り入れ、新人育成に力を入れています。
 院内・院外研修へ積極的に参加しております。
安全・業務委員会
目指すところは『セイフティ&クオリティー』

患者様には、安全で安心できる、より良い医療を提供する為、私たち自身には、安全で安心して働ける職場環境作りの為、病院長はじめ委員・職員一同、今日より明日、明日より明後日、半歩でも前に進めるように頑張っています。
感染委員会
 本方針に従い、安全な療養生活を送れるように、院内感染の発生を未然に防止することと、ひとたび発生した感染症が拡大しないよう速やかに制圧・終息を図るよう職員の知識の習得、及び向上に努めています。
3階病棟
看護体制

【看護配置】療養病棟 25:1
【看護方式】チームナーシング
【勤務体制】二交代
【勤務時間】8:30~17:30、16:30~8:30

【目標】
・患者様に安全な看護・介護を提供することができる
・一人ひとりのスキルアップに努める
・日勤の超過勤務を削減する

【特徴】
患者様お一人お一人にあった、最適な医療を提供する為に、医師をはじめとして看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー等の職員が、チームを組んで、患者様の入院生活のお手伝いをいたします。
また、入院生活に関わる情報交換や今後の方向性の検討を行っております。
4階病棟
看護体制

【看護配置】療養病棟 20:1
【看護方式】チームナーシング
【勤務体制】二交代
【勤務時間】8:30~17:30、16:30~8:30

【目標】
・患者様が、安心・安全に過ごせる療養環境つくり
・患者様に合った看護・介護の提供
・スタッフ一人ひとりのスキルアップ
・私たちが働きやすい職場環境つくり

【特徴】
医療処置を必要とする医療区分2・3に該当する患者様を8割以上受け入れている病棟です。スタッフが元気に働くことができれば、良い看護ができると考え、スタッフ一丸となって日々元気に頑張っています。
5階病棟
看護体制

【看護配置】介護療養病棟 6:1
【看護方式】チームナーシング
【勤務体制】二交代
【勤務時間】8:30~17:30、16:30~8:30


【目標】
・危険予知能力を向上させ、安全で安心できる看護を提供する
・患者様の生命力を引き出す看護を実践する
・看護職が互いに支えあい、自己研鑽できる職場風土をつくる

【特徴】
長期療養を必要とする方が多く、患者様の楽しみや笑顔を引き出せるように、毎月レクリエーションを行っております。
患者様が快適に過ごせるように、ケアプランを作成し、実践しています。

〒858-0922 佐世保市鹿子前町104番地
0956-28-1111(代表)
FAX  0956-28-1114